ゲーミュニケーション

    タグ:おすすめソフト

    0コメント

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/05/26(木) 14:37:27.112 ID:R2SaRUrCK.net
    好きなジャンルはRPGと格ゲーとギャルゲー

    0コメント

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/05/27(金) 00:03:10.411 ID:gLIikBF20.net
    彼女艦これぐらいしか出来ないけど

    0コメント

    1:名無しさん必死だな@\(^o^)/2016/05/20(金) 00:34:01.81 ID:DpCUlicA.net
    GameOfTheYear受賞が予想される神ゲーなアンチャーテッド4を
    ガッカリと言ってる人
    オススメの面白いソフト教えてください

    0コメント
    ワンダープロジェクト
    1: アイアンクロー(東日本)@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/30(土) 15:39:56.58 ID:r3EHHdCA0.n
    皆さんは、「時代を先取りし過ぎたゲーム」というと、どんなタイトルを思い浮かべますか? 恐らく多くの人が1999年にドリームキャストで発売された
    『シェンムー』を挙げるでしょう。ストーリーはともかく、作り込まれた町並みやキャラクター、オブジェクトへのアクションなど最高峰の技術が投入されたゲームでした。
    今回は、こうした「時代を先取りし過ぎた」と感じるゲームをピックアップしてみました。

    ●『オペレーターズサイド』
    2003年に発売されたPlayStation2用のゲームソフトです。このゲームはコントローラーではなく、「音声」でキャラクターを操作するアクションゲーム。

    ●『ワンダープロジェクトJ2』
    1996年に発売された、NINTENDO64用の育成シミュレーションゲーム。

    ●『ファンタシースターオンライン』
    2000年にドリームキャストで発売されたネットワーク対応のアクションRPG。今も高い人気を誇る『PSO』シリーズの原点といえる作品です。

    ●『太陽のしっぽ』
    1996年に発売されたPlayStation用ゲームソフト。プレーヤーは原始人を操って広大なフィールドを冒険しつつ、マンモスの牙を太陽にまで積み上げることを目指します。

    ●『レッドアラーム』
    1995年に発売された3Dシューティングゲーム。ゴーグル型ディスプレーをのぞき込む画期的な3Dゲームハード『バーチャルボーイ』用の
    ソフトとして本体と同時発売されました。

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/36192/outline

    0コメント
    7ff5ee2b-s
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/24(日) 07:54:40.90 ID:htMmzJqV0.n
    さいきんのヤングはどんなゲームしとるんや

    0コメント
    28644143
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/07/23(木) 20:22:36.88 ID:D95hgVgPM.n
    プレイ動画みてみたんだけど、何やってんのかサッパリわからんな…難しすぎだろこのゲーム

    0コメント
    WiiU_YoshisWoollyWorld_So_many_patterns_03
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 投稿日:2015/07/19(日) 21:57:03.67 ID:q2cL26bI0.n
    すごくないかこれ?
    ちなみに俺のおすすめはなんだかんだでマリオu

    マリオu
    ルイージu
    ドンキー
    タッチカービィ
    レイマン
    ヨッシー
    (マリオメーカー)

    0コメント
    クソゲーと聞いて買ってみたら意外と面白かったゲームある?
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/07/17(金) 19:04:34.94 ID:NF4Y1Rzp0.n
    俺はジョジョASB
    トロコン作業も楽しかったし普通に楽しめた
    定価で買うクオリティではないがブコフで1000円以下だったから満足

    0コメント
    PSvita
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/13(火) 07:58:11.59 ID:z+bgVMNl0.net
    アーシャのアトリエ買った

    このページのトップヘ