ゲーミュニケーション

    タグ:任天堂

    1コメント
    1:名無しさん2016/05/31(火) 23:42:23.715 ID:5NX0JNPf0.net
    装備のセット決めて試合中に装備変更出来れば嬉しいかな
    ゲームシステムはこれ以上余計にいじらない方が良さそう
    武器バランスの調整とかならいいけど

    0コメント

    1:名無しさん必死だな@\(^o^)/2016/05/20(金) 13:03:58.45 ID:W1bItX7V.net
    『ファイアーエムブレム』総合 ‏@FireEmblemJP 18時間前
    『幻影異聞録♯FE』の開発ブログ「STAFF異聞録」が更新されました。
    山上プロデューサーの記事「「PREMIUM LIVE」を終えて」が掲載されています。
    #幻影異聞録 https://www.nintendo.co.jp/wiiu/asej/blog/vol041.html

    >この『幻影異聞録♯FE』で私達がご用意したことはすべて終わりましたが、
    >ここからがまた、プロデューサーの私の仕事の始まりでもあります。

    >いつかまた、ライブでファンの皆様にお会いしたいです。
    >皆様を見ていて、幻影異聞録を終わらせちゃいけないなと思いました。

    任天堂公式Twitterもフォロー

    0コメント

    1:名無しさん必死だな@\(^o^)/2016/05/17(火) 15:40:54.25 ID:1i21zC71.net

    0コメント
    visual_chara01
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/11(水) 21:06:13.53
    いやスタートダッシュとかじゃなくて
    普通に体験版でいいだろ
    なんで間口狭めてるん?
    スタートダッシュVer.では,構成の決まった8種類のブックを使って,クエストモードの序盤をプレイ可能。また,手に入れたGpでカードを入手することもできる。さらに5月21日15:00~21:00に行われるオンラインイベントにも参加可能だ。スタートダッシュVer.のセーブデータは,製品版へ引き継げるという。

    ちなみにスタートダッシュVer.は,ニンテンドーeショップにて「あらかじめダウンロード」にてカルドセプト リボルトを購入するか,「マイニンテンドー」のポイント(プラチナポイント 500ポイント)と交換することで,ダウンロードできる。

    http://www.4gamer.net/games/324/G032420/20160511112/
    https://www.nintendo.co.jp/3ds/ay3j/trial/index.html

    0コメント
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/09(月) 22:24:26.16 ID:sXUKnufd.ne
     マインクラフトWiiUで、スーパーマリオのマッシュアップの配信が決定しました。

     スーパーマリオのマッシュアップ配信決定の動画が公開されているのでまずはこちらをどうぞ。

    http://youtu.be/p5l5FA3iac4



     マッシュアップとは、簡単に言えばマインクラフトのDLCのことで、これを導入することで、マインクラフトの世界の見た目などが変更されます。

     キャラクターもこのようにマリオ風、ルイージ風、ピーチ風、デイジー風などになり、スーパーマリオの主要キャラクターが再現されています。

     今回は、マインクラフトのWiiU版のみの特典として、任天堂とのコラボで、このスーパーマリオのDLCが登場するということになっています。

     ちなみに、「POW」ブロックなどもあるようです。

     配信日は、アメリカで2016年5月17日となっており、価格は無料です。

     日本での配信は今のところ不明ですが、おそらく同じように2016年5月中旬ぐらいに無料配信されると思われます。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    http://ga-m.com/n/minecraft-wiiu-super-mario-haisin/

    0コメント
    1920
    1: ミドルキック(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/08(日) 14:16:19.62 ID:DMEx/yzi0
    「未来にコンソールは存在しないかもしれない」、Electronic Arts役員が語る

    Electronic Artsのチーフ・コンペティションオフィサーを務めるPeter Mooreは、
    インタビューにてストリーミングの高まりがコンソールを終演に導く可能性を語っている。

    GameSpotの報道によれば、MooreはThe Daily Orangeとのインタビューにて
    「我々にはもう今後のコンソールについて予測できない」と語り、
    ゲームがストリーミング技術と融合を続けることでハードウェアという仲介者の必要性が薄まっていくとした。

    「もしあなたが私とBattlefield 12をプレイしたいと思ったならば、
    私たちは家にあるどんなモニターからでもゲームを遊び始めることが出来る。
    ゲーム機というよりもそれはチップのようなものだ」

    Moore以外にも「コンソール本体」という考えについて語るゲーム開発者はいる。”鉄拳”シリーズ開発者の原田勝弘氏はその一人だ。

    原田勝弘:
    将来的には、ハードよりもサービスの勝負になっていくと思うんです。
    よくクラウドが話題になりますが、クラウドサービスが進めば、いずれサービスの名前しか残らない時代が来ます。

    PS5になると、本体がなくて、コントローラと画面しかない、となるでしょう。そこで残るのは、サービスの名前ですよね。
    それこそ“PlayStation Network”という名前であるとか。

    “Steam”もプラットフォームですが、いわゆるハードなプラットフォームではなくて、いわばサービス名です。
    サービスの名前としてユーザーの頭に残るもの、通いたくなる場所作りを、いまのうちから、始めておかないといけないんです。
    http://damonge.com/p=16564

    0コメント
    b268e648
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/07(土) 01:12:53.49 ID:qyotT6O20.n
    ワイ「ジェット」

    0コメント
    ogpimage
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/30(土) 21:27:10.92 ID:MnQLfYaq.ne
    カオスな祭典「ニコニコ超会議2016」リアル来場者数15万人 ネット来場は554万人で昨年比240万減
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00010000-kaiyou-ent

    0コメント
    1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/25(月) 11:53:30.64
    no title

    0コメント
    1: キングコングニードロップ(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2016/04/12(火) 23:09:16.55 ID:SqhjSyC70.n
    ファンが(勝手に)ゼルダ30周年を記念して開発・公開した本作は、初代ゼルダの雰囲気やプレイ感覚はそのままに、
    ドットを厚みあるボクセルに置き換えて、キャラクターや背景2.5D化したもの。オールドファン的には
    『ドルアーガの塔』から『イシターの復活』への変化を思い浮かべやすいのですが、
    実際は『マインクラフト』に近いカクカク感です。
    画面上のバーチャルコントローラ、またはキーボードの矢印キーやZXで操作できました。 

    厳密には、あくまで初代ゼルダ"風"のゲームです。オリジナルは上下左右の端まで行くと画面切り替えだったところが
    切れ目なくスクロール、剣をもらうと煽りで演出が入るなど、随所に現代らしいアレンジが入っていました。 

    反響は凄まじく、公開終了までに50万人がプレイしたとのこと。開発者は今後も未来を目指すソフト開発を
    続けるといい、SNSやメーリングリストに登録してね!と呼びかけてますので、
    任天堂愛とともに「技術力をアピールする」という目的は達成したのかもしれません。 

    昨年も 『スーパーマリオ64』のゲームエンジンUnityによるHDリメイクが、やはり任天堂の要請で公開中止とされた
    一件がありました。先月、任天堂初のスマホアプリMiitomoがリリースされ、友達とのコミュニケーションを
    楽しくすると好評を博していますが、やはり
    「マリオやゼルダをPCやスマホで遊びたい」というニーズは根強くあるようです。
    http://japanese.engadget.com/2016/04/12/2-5d/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    このページのトップヘ